--
--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
09/29

先日、私の誕生日に、映画「十三人の刺客」を見てきました。
ストーリーは一行で書けます。
「老中の密命を受けた刺客たちが、極悪非道の明石藩主を、山の宿場町で倒す」

まず、この明石藩主(現将軍の弟、近々老中に就任予定)がひどい奴!
…どんな風にひどいか、言葉にしたくないくらいひどいです。
(このくだりは目を覆いたくなるシーンが続くのでグロテスクなのに弱い人注意!)
極悪人というより「病んでる」と書いたほうがしっくりくる、
それでいて生まれながらの家柄の違いが立ち姿から感じられる、
そんな難しい人物を稲垣吾郎がうまく表現したことで、
この映画の前半は成り立っていると言えると思います。

伊勢谷友介演じる山の民も、ストーリーに幅を与えています。
13人の中で唯一の非・サムライ、道に迷った刺客たちと偶然出会い、仲間に入ります。
彼の存在のおかげで12人の侍たちの「正義」が相対化され、
単純な「サムライ礼賛」映画になることをまぬがれています。
しかもありえないような下ネタまで担当してる^^

前半の、夜の闇の深さがまたよかったです。
女性のリアルなメイク(薄眉、お歯黒、ムラのある白塗り)や
博打打ちのテラテラした刺青の背中、計画を嗅ぎつけた明石藩士の刀身が
暗がりの中に現われるとぞくっとしました。
夜ってほんとはこんなに暗い、ってこと、普段はすっかり忘れているけど
陽の光ってありがたい、と改めて思いました。

セクスィー部長の時とは全然違う知的な沢村一樹や、
「相棒」の鑑識さん、「ゲゲゲの女房」の倉田くんなど、
今見たい俳優さんたちの、ギラギラした表情が見られるのもいい。
客席は年配男性率がとてつもなく高かったですが、
草食系男子ばっかじゃつまんなーい、という女子にもおすすめします。
胎教にはよくない映画です、たぶん。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

2010
07/26

もう先週のことになりますが、「借りぐらしのアリエッティ」見てきました。
アリエッティはおよそこんな子です↓身長約10cm。(適当すぎる落書きで失礼!)
karigurasi2.jpg

ストーリーを書くとこれから見る方に申し訳ないので、ごく簡単に感想を。

・アリエッティの動きがキビキビしててかわいい!髪を下ろしてるのもかわいい。
・ホッチキスの針をハシゴにしたり、釘を足場にしたりと、小さな工夫を探すのが楽しい。
・翔が素の顔でさらっと意地悪なこと言うのが良いです。ほんとに12歳?
・樹木希林がいい。すごくいい。
・ケルト音楽やガリシア音楽好きな人にはたまらないと思う。

私的ジブリ映画ベストは「千と千尋」と「ポニョ」なんですが、
この2つに比べると、良く言えば難しく考えずに心から楽しめる、
悪く言えば分り易すぎて繰り返し見る楽しみにやや欠ける、かなと思います。

ここはこれが映画館デビューでした。
1時間半だし、まあ大丈夫だろうと思ったけど、
途中ドキドキするシーンでは後ろ向いたり目を覆ったりと座席内でゴソゴソしてました。
ストーリーはシンプルだし、登場人物は少ないし、
怖い場面もないので(樹木希林はチョット怖いけど)
こどもの映画館デビューにはぴったりかもしれません。

朝一番9時スタートの回、事前に座席予約済、のおかげか、
見やすい座席位置でゆったり見られました。
周りはなぜか巨大ポップコーン購入のお客さん多し。
朝の9時にポップコーンそんなに食べられへんやろ…それか、朝ごはん代わりなのかも。

東京都現代美術館では10/3まで「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」を開催中です。
こちらもぜひ行きたい!とっても混んでるようですけど…


にほんブログ村 子育てブログへ

2010
05/04

毎年東京国際フォーラムでGWに開催される音楽のおまつり
「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」
これまでは「0歳からのコンサート」しかチケットを取りませんでしたが、
ここも4歳になったので、今回は「3歳以上入場可」の公演にチャレンジしてみました。
ちなみに、夕方前に終わる公演はすべて「3歳以上入場可」です。

お昼前ですが、地上広場の屋台村はすでに大賑わい。ベンチはすぐに埋まってしまいます。
そしてお昼前からお酒もいろいろ売ってますよー♪
タイカレーが美味しかったなあ。
yatai.jpg


まずは5/2、ホールC、公演番号142
オーケストラ・アンサンブル金沢、井上道義指揮の、
メンデルスゾーン「フィンガルの洞窟」「交響曲第3番<スコットランド>」。
席は3階席の前から2列目。どの楽器もよく見えて、
1,2階の後ろの方より子連れ的には良席かも。
根がミーハーなもので、井上道義さんを一度生で拝見したかったんです。
いやぁ、カッコいいですねー!
会場が広いのにこの少人数のオケってどうなんだろ?と思いましたが
すっかり引き込まれました。
ここはちょっと落ち着きなくモゾモゾしてましたが、静かにしてたので合格!


翌日5/3は、ホールB7、公演番号222
エル=バシャ、バル=シャイ、ヌーブルジェ、ジュジアーノという4人のピアニストによる
1831-32年のショパン・ピアノソロ作品いろいろ。
石丸幹二さんがその当時のショパンの様子を朗読で紹介されました。
席は真ん中より後ろの、やや左寄り。平らな客席なのでピアニストの姿はちょっと見えづらい。
この日、朝の5時半から起きてベッドにダイブし続け、
その後もずーっとハイテンションだったここさん、
流れるピアノの音の中でぐっすり眠ってしまいました^^;
ピアニストの手が見える位置だと、また違ってたかもしれないなー。

この日の個人的な大収穫が、この公演で3番目に登場した
ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ
まだ20代前半の若いピアニストですが、音の一つ一つがとってもクリアで硬質で、
何と言うか「男らしいショパン」。また是非聞きたいと思いました。
2007年にサントリーホールでソロリサイタルを開いているそうです。知ってりゃ行ったのに!


国際フォーラムガラス棟内、「カプラ」というフランスの積木で、
ピアノを作っている現場にお邪魔しちゃいました。
この「カプラ」、私も前々から欲しいんですよねー。
以前「鉄腕DASH」でもこれを高く積むチャレンジをやってました。
tumiki.jpg


にほんブログ村 子育てブログへ

2010
02/21

1988年カルガリー五輪の、カタリナ・ビットの「カルメン」を見て、
「何この人、めっちゃきれい!伊藤みどりと全然ちがう!」(とても失礼…)と感激して以来、
フィギュアスケートは結構好きです。
とはいえ、ジャンプの種類は「アクセルとそれ以外」しか区別出きないし、
テレビ放送があってもほとんど見てない年もあったりして、
にわかファンの域を出ないままなのですが…


今回の男子フィギュアには、久しぶりに燃えました。
メダル取れるんじゃないの?という選手が、両手の指では足りないほどいるなんて
選手たちは大変だろうけど、観る側としてはこんなに楽しいことはありません。
しかも選手ひとりひとり、キャラクターが実にはっきりしてる。


今回はツイッターでみなさんの実況ツイートを読みつつ、自分もツイートしながら見る、という
初めての体験もしました。
全国の方々と一緒に、4回転成功を喜んだり、靴ひも切れに凍りついたり、
その後の会場の拍手に涙ぐんだり、ホネホネやらピンクのリボン衣装やらにツッコんだり、
楽しい時間を共有できました。


競技をより楽しむための、私のお気に入りページを3つ、紹介します。


・ほぼ日刊イトイ新聞<観たぞ、バンクーバーオリンピック!>

 オリンピックの度に読者からの実況メールを募集し、オリンピック期間中は毎日更新、
 という名物企画。本気のファンも、にわかファンも入り乱れてのツッコミメールが
 毎日楽しみです。
 男子フィギュアは、ショートプログラムが2/18更新分、フリーが2/20更新分です。


・アンサイクロペディア<フィギュアスケーター>の項目

 スケータたちをゲームのキャラとして紹介する、完全にネタページです。
 けれど、得点の計算基準や、選手たちの特徴・得意/苦手な技、など
 熟読すれば相当フィギュアに詳しくなれるはず。力作&爆笑必至。
 これを読んで、女子フィギュアに備えましょう。
 高橋VSプルシェンコのバトル画像がすごく好きです。
 重くて読み込めないこともありますが、気長に再アクセスしてみてください。


・Twitter<Johnny Weir>のページ

 唯一無二の「女子キャラ」男子選手、ジョニー・ウィアーのツイッターページ。
 背景のイラストがうまい!誰が描いたんだろう…特徴よく捉えてます。
 私、英語は不得意ですが、試合後のつぶやきを見ると、どうやらとてもいい人っぽいです。
 この人を見て、ここはもちろん「おんなのこがいるよ!」と正しい反応をしてくれました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2010
01/03

毎年、テレビの前にかじりつき、ってことはないけど
箱根駅伝は好きで、なんとなく見てることが多い。
昨日東京に帰ってきて、今日は一日家でのんびりするつもりでしたが、
家にいるのがもったいないくらいぽかぽか気持ちの良い晴天なので、
一家で日本橋方面へ出かけてみました。
運がよければ駅伝ランナーが見れるかな?と思って。


日本橋に着いたのが11時半くらい。10区のランナー到着まで2時間。
お囃子の生演奏やかつお節の福袋売るテント、場所取りをする大学関係者、
応援用小旗もどんどん配られ、すでにお祭り状態です。
ここまできたら、もう見るしかない!
しかしいくら暖かいとはいえ2時間も待ってられないので、
銀座方面へゆっくり歩いて京橋あたりでお昼ごはんにしました。


13時、店を出て、日比谷通りから銀座中央通りへつながる道ぞいの、
明治製菓本社前でランナーを待ちます。
日影にじっと立ってるとやっぱり寒い!明治製菓の1階でホットショコラ買って
飲みながら待機。
ここは小旗を両手に持って、応援の練習しながらチョロチョロ動いてる。
周りを見ると、中学の陸上部みたいな子たちがたくさんいました。
ワンセグでテレビ中継見ながら待ってる人が多かったです。
出身大学が出場してたら、もっと心弾むんだろうけど、
そうでなくてもいつ選手が来るかと思うとドキドキします。


いよいよテレビ中継車が通り、1位の東洋大の選手が見えた!
早い!!!足長い!!あっという間に通り過ぎちゃう。
そして細い…
その後もランナーが続々と通過して、その度にここはすごく大きな声で
「おにいちゃんがんばれー!!」と叫んでました。
もしかしたらテレビ中継に声が入ったかもね。
体調を崩したり、足が痛くなったりする選手がいなくてよかったです。
10区でそうなると、本当に辛いですからね…


長距離観戦といえば、去年かおととしに東京マラソンを見ましたが、
市民ランナーがたらたら走ってるのとはスピードが全く違いますね…
20キロも走ってきた人には見えません。
どれだけ練習すればこんな走れるようになるのか、どの選手も毎日毎日走り続けて
そして選ばれた人たちだけがこの場に立ってるんですよね。
生で見られてほんとよかった。来年、駅伝見る目が少し変わりそうです。

にほんブログ村 子育てブログへ

2009
11/23

わが家に新しい楽器がやってきました、その名は「オタマトーン」
明和電気さんの新製品です。

200911231139000


軸の、銀色のところに指を置くと音が出ます。
おたまの頭に近づくほど、高い音がでる仕組み。
弦楽器経験がある人なら、たぶんすぐに弾けるようになります。
(二胡さわったことないけど、たぶん二胡に近いと思う。音色も哀愁ある感じ。)


軸を揺らせばビブラートがかかり、
おたまのほっぺをプニッと押せば、おたまの口が開いて大きな音になります。
この、おたまのほっぺが柔らかくてさわり心地がいいんです!
無闇にプニプニさわりたくなる感触。


早い曲を弾くのは難しいから、今はゆったりテンポの短い曲を練習中です。
「笹の葉サラサラ~」とか「ちょうちょ~」とか「涙そうそう~」とか。
上手くなったら忘・新年会で披露するのもありかも!
ここは、やたら高い音を出して、おたまほっぺをさわりまくるので、
まるでサイレン。うるさいぞーー!でも楽しそう。


アマゾンでは11/23現在「3~5週間後に発送」となってます。なかなかの人気商品。

私は東急ハンズで買いました。白と黒があって、白は残り2つでした。
お買い求めの方はお早めに~!

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 美術ブログへ

2009
10/19

先週の月曜から、NHK教育18:00-18:20で
「連続人形活劇 新・三銃士」が始まりました。
脚色が三谷幸喜、ってことで
「どれどれ一度見てみよう」と軽い気持ちで見たところ、
オープニングの素敵なイラスト、スパニッシュなギターの音色にいきなり心を持っていかれました。
それから月曜から金曜まで、毎日この時間を心待ちにしています。


ここはお人形たちを見て「かわいい!」とは言うものの、
まだ話が難しいらしく、熱心に見ているのはもっぱら私のほう。


一応、こどもが見ることを前提にはしているようで、
「枢機卿」等のことばの説明が入ったりします。
ただ、凝ったセットやライティング、一人一人の個性に合わせた木目調の顔の人形たち、
ロシュフォールとミレディーといった悪役同士の会話なんて
どう考えても大人の視聴者を念頭に置いてるでしょ?という作りです。
今のところ善玉風に描かれているアンヌ王妃もどうやら一筋縄ではいかない人物のようで、
この先の展開が楽しみです。


この「三銃士」、勤め人には見にくい放送時間ながらtwitter上でも結構話題になっています。
(土曜日の午後に1週間分まとめて再放送があります)
テレビ離れと言われているけれど
しっかり作った番組を放送すれば見る人・評価する人はちゃんといるんだと思います。


三谷さんらしく、面白いセリフはたくさんでてきて、それももちろん楽しみのひとつです。
今のところの一番のお気に入りは、酒好きアトスのこのセリフ↓

 「おれが酒くさいんじゃない、酒がおれくさいんだ」

…こんどもし飲みすぎたら、使ってみよーっと。

2009
08/18

平日の夜はあんまりテレビをつけない我が家ですが、
今週は毎晩、NHKのBS-hiを見ています。
お目当ては「日本の祭 2009」、全国の有名夏まつりを紹介しています。


昨日は高知よさこい祭、今日は博多祗園山笠でした。
博多祗園山笠って初めて見ました。重そうな山笠で町を走り抜ける迫力がカッコいい!
そしてふんどし姿だらけ^^;でも祭ならOKです!


明日以降の放送予定は
8/19:青森ねぶた祭
8/20:札幌YOSAKOIソーラン
8/21:徳島阿波踊り
8/22:秋田大曲 全国花火競技大会(生中継)


高知のよさこいと、阿波踊りは、むかし友達と車を連ねて見に行ったことがあります。
熱くて暑くて汗かいて楽しかった!
阿波踊りは、にわか連に入って踊りました。
歴史のある大きなお祭りのある町ってうらやましいです。
(神戸にも「神戸まつり」があるけど、何かちょっと違うんだよなあ)


北国の祭りは未体験なので、明日のねぶたも楽しみです。

2009
08/16

TBSのドラマ「官僚たちの夏」、今日初めて見たけどおもしろいですねえ。
昭和30年代の通産省と政界が舞台の、かなり硬派な作品です。

日本が敗戦から経済的な復興を遂げる時期、私が生まれるずっと前のことで、
知らないことばかりで興味深く見れました。
仕事と信念にかける「熱さ」がうらやましく思えます。
そして、佐藤浩市、堺雅人、杉本哲太、西村雅彦、長塚京三、北大路欣也…
まるで大河ドラマのような豪華キャスト!
もう、おじさん好きにはたまりません。
「特命係長」高橋克典や、通産大臣役の佐藤B作もよかったなあ。


来週はお休みだそうで、再来週からはなるべく欠かさず見たいと思います。
城山三郎の原作も読んでみるつもりです。

2009
07/13

51thlhg08hl_sl500_aa240_


劇場公開時は、ここを連れて行くのは
ちょっと難しいかなーと思って
結局見ないままだった「ポニョ」、
DVDが届いて、やっと見れました。


何となくオペラっぽいなあ、
というのが第一印象でした。
(オペラのことは、あんまりよく知らないです)


せりふの合間に音楽が入る感じとか、
異世界から来たヒロインとか、血をなめて不思議な力を得るとか、
ヒーローのキスがないと泡になってしまうとか、
むかし話や神話のようなストーリー。
ポニョの本名がブリュンヒルデってのも、オペラの中の人っぽい。


見終わってからネットで調べてみたら、
「ブリュンヒルデ」というのはワーグナーの楽劇に登場する、神様の長女の名前らしいです。
ポニョも海の神様の娘だし、
妹たちに助けられたり、英雄の口づけで目覚めたり、お話も共通点があるみたい。
実際、宮崎監督は製作中にワーグナーを聞いていたそうです。


一緒に見ていたここの反応がおもしろかったです。
ポニョが瓶に入っちゃうところでは「わぁ!」って声を上げ、
ポニョが走り回ると、ここも全然じっとしてないし。
見終わった後は、ポニョごっこ。
「おかあさんは宗介ね、この子(お人形)はポニョの妹」と役を割り振って
せりふを言わされたり、魚みたいに口をパクパクさせられたりしました。


ちょっと不思議な物語を見聞きすると
「裏に隠された意味があるんじゃないか」とか考えてしまう自分ってイヤだわ。
子供はそんなこと関係なく、こんなに楽しんでるのに。
プロフィール

yomecoco

Author:yomecoco
江戸川区南葛西で建築設計のお仕事をしている関西人。
6歳の娘(ここ)、1歳の息子(あっちゃん)、主人との4人暮らし。
10年以上のMacユーザー、読書好き、アート好きの
基本インドア人間です。が、
2011年5月から、産後太り防止のためにジョギングを始めました。
また、妊娠中に再開した編みもののすっかりはまって、毎日少しずつ編み編みしています。

RavelryのProjectページはこちら。

いくつになった?

Favorite

最近読んだ本

検索フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。