--
--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
06/24

ここが来年から通う予定の小学校では、昨日から学校公開日になっています。
家から3分!の激近小学校、選挙の度に体育館には入ってるけど、
校舎の中にはまだ入ったことがありません。
そういえば自分の通っていた小学校以外の小学校って、入る機会がないですよね。
ここがどんな学校に通うのか見ておきたいし、
なにより好奇心に駆られて見学してきました。

1クラスの人数はおそらく30人程度かな?
私の頃に比べるとずっと少なく、
教室に並んだ机の周りのスペースゆとりがあるように見えます。
(私の通った小学校は私立なので比較対象として適切ではないかもしれません)

机と椅子は昔ながらのパイプに合板のタイプ。
机の中が整理しやすいように、引き出して使うボックスが2個ずつ入っていました。
全教室に42インチくらいの液晶テレビがありました。
あれくらい大きければ後ろの席でも見やすそうです。

小1は全クラス合同でこの夏最初の水泳の授業中でした。
「小学校入って最初のプール!」というので先生の話をなかなか聞けないこどもたち。
なので「泳ぐ」以前の「並ぶ」「座る」「しゃべらない」の練習になってました。

とはいえ、カンカン照りのプールサイドで
小さい子たちが体育座りさせられてるのは何だか可哀想。
先生方はUVカットっぽい素材の長袖着てサングラスかけてるのに…
こどもにラッシュガード着せたらあかんのかな~?

6年生は国語で「枕草子」の勉強中。小学校で古文ってやったかな?
CDで朗読を聞いて、「今と同じことば」「今では使わないことば」を挙げさせていました。
廊下には6年生が社会の授業でひとりずつ作ったらしい「歴史新聞」の掲示があり、
レイアウトやイラスト、見出しそれぞれ工夫していて面白かったです。

明日も公開日なので、今度はここと夫も連れて行くつもりです。
ここが小学校の何を見たがるのか、気になります。

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

2011
03/31

先週末から今週あたまにかけて4泊5日、
夫の実家(愛知県渥美半島)へ「疎開」してきました。

東日本の方々は日々実感しておられるでしょうが、今回の地震は余震が多いですよね。
わたしも、度重なる余震で「地震酔い」状態が抜けません。
加えて後から後から悪い状況が発表される原発、
さらには1歳未満は水道水摂取制限ときた。
ここの保育園も
「大きな余震可能性の高い間は(育休中等で)自宅保育できる方は自宅で」となり、
遊び足りず体を動かしたくて仕方がない様子。

こんなふうに精神的な疲れが溜まっていたのでここらで一度気分転換!と
夫の実家にお世話になることにしました。

広告の電気が消されて薄暗く、動く歩道も止まった東京駅から
約1時間半で豊橋駅到着。
明るい!電気全部ついてる!!
渥美半島は風は強いのですが、日射しは明るく
畑は菜の花の黄色がまぶしい。
野菜は安い、地場のお魚もお肉もおいしい、
もちろん節電も停電もなし。そして水道水飲み放題^^;
なんとなくパッとしないムードの東京と比べて楽園のように感じます。

滞在中はテレビやインターネット、ツイッターやフェイスブック閲覧は最小限、
ラジオも聞かず、せいぜい新聞を読む程度にして
情報を取り込みすぎないようにしていました。
自分でも意識しないレベルで緊張が続いていたようで、
ゆっくりお風呂に入って初めて、ああ、肩こってたんだなあと気づきました。

シデコブシの群生地に連れていってもらいました。
湿地にしか生息しないそうで、天然の群生地は大変珍しいそうです。
sidekobusi.jpg

途中からは小金井のお義兄さん家もやってきました。
甥っ子2人とこことで、実に楽しそうに遊びまわっていました。
子供達だけでお風呂に入ったり、一緒に雑魚寝してみたり。
大人数でお邪魔させてもらい、
お義父さん・お義母さんには本当にお世話になりました。

東京に戻ると「地震酔い」もまた元に戻ってしまいましたが、
気分は相当明るくなりました。
わが家は計画停電範囲外だし家財も何の被害もないので
疎開が必要か?と問われれば「必要ない」し、
本当に大変な地域の人から見れば実に贅沢なことかもしれません。
けれど少しの間東京を離れたのは精神的に大きなプラスになりました。

ツイッターのTLを見ても、たとえ被災地ではなくても
じわじわと疲れが溜まっている人が増えているように感じます。
仕事や学校で長期間離れるわけにはいかない方も多いでしょうが、
2,3日でも西のほうへ旅してみるのは、実にいい気分転換になりますよ!
これから日に日に春めいて、旅するにはぴったりな季節ですから。
しっかり英気を養って、必要以上に萎縮しないよう日々過ごしていきたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ

2011
01/09

1月7日で、娘・ここは5歳になりました♪♪

今年のバースディプレゼントは…小さな織り機です!

5thbirthday.jpg

…多少むちゃくちゃになってますが、がんばって織ってますよ。
テレビやおやつよりも、織り物に集中してます。たいしたもんです。

夫の実家にも卓上織り機があって、ここはお義母さんに教えてもらって
マフラーを織らせてもらい、興味を持っていたようなので
このプレゼントに決めました。

それにしても5歳って、大きいです!
生まれてまだ2週間にならないあかちゃんに比べると、何てしっかりしてるんだろう。
行動もしゃべることも、体格もおねえさんだなあ…とつい見比べてしまいます。
おねえさんここちゃん、
これからもお父さん・お母さん、そして弟をよろしくお願いします^^

にほんブログ村 子育てブログへ


2010
11/06

「神楽坂に長ーーい紙を敷いて、そこに好きなだけ落書きしていいイベントがあるらしい」
というのを、先週たまたまツイッターで知りました。
「神楽坂まち飛びフェスタ」というそうです。
神楽坂って大人向けの街のイメージで、今まで子連れで行ったことがなかったけど、
これはいい機会だ!と11/3の祝日にでかけてきました。

まずは飯田橋駅前、お堀端にある「CANAL CAFE」というお店で、
手漕ぎボートに乗りました。
普段は30分600円だそうですが、今日は特別に無料!
そのかわり、水を浄化する菌の入った泥団子を水に投げる、ということになっています。
今日は快晴、湿度も低くてさわやか!水がキラキラしてます。
ohori.jpg
時折中央線・総武線の電車がお堀の脇をカタカタ走っていきます。
お堀端には桜が植わっているので、春はほんとにいいでしょうね。

さてその後はいよいよ神楽坂でお絵描き。
時間が来ると坂は車両通行止めになり、白く長いロール紙が敷かれて
牛乳パックを切ってつくった絵の具入れと筆が10mおきくらいに置かれて
大人もこどもも結構真剣に描いてます。
painting.jpg

坂の途中の毘沙門天前では挙手して選ばれたこどもたちが
「 か ぐ ら ざ か ま ち 飛 び フ ェ ス タ 」
というのを一文字ずつ書くという書道パフォーマンスがあって、
ここも必死で手を挙げて、「ス」を書かせてもらいました。
su.jpg

…ひらがなで書いちゃいました。4歳なんで勘弁してください。。

ブラスバンドの演奏や大学の応援団の演舞を見たり、
美味しそうな和菓子屋、洋菓子屋を見つけて買い食いしたり、
お天気にも恵まれて楽しい一日でした。
裏道にも素敵なお店がたくさんありそうなので、ぜひまたの機会に神楽坂散策したいです。

にほんブログ村 子育てブログへ

2010
10/13

先日の日曜日、森美術館の「ネイチャーセンス」展を家族で楽しんだあと、
ついでにミッドタウンへも足を延ばしました。
ミッドタウンって、入ってるお店は敷居高めですが(特に服飾関係)、
ガラスの大屋根下や芝生の公園、21_21近くの小川など、
オープンスペースがゆったり、かつ多彩なので、
子連れで行っても居心地よく、都心のなかでも好きな場所のひとつです。

この日はたまたま「Midtown Classics」というイベント中でした。
吹き抜けの広場では無料コンサートが次々開かれており、
私たちは宮川彬良さんと平原まことさんのミニコンサートを見ることができました。
宮川彬良さんと言えば、教育テレビ「クインテット」でピアノを弾いている、
小さいこどもたちにはおなじみのあのアキラさん。
平原まことさんはサックスプレイヤーで、
この方が平原綾香さんのお父さん、というのは帰宅後知りました(汗)。

曲目は、映画音楽のオリジナルアレンジから童謡まで、
大人もこどもも楽しめるプログラムでした。
「あんたがたどこさ」の演奏では、
たぬきを「食った」あと、体の中で延々消化して『最終排泄物』を
「木の葉でちょいとかぶせ」るまで、を
テナーサックスでぶわぶわーーー、ぷぅ~~っ、と表現するので、
こどもたちにウケるウケる。
ここも当然爆笑。大人たちはクスクス笑い。

ラストはアキラさんのオリジナル曲「アリエスの星」。
ほんとうに素敵な曲で、ここは私の手を取って、曲に合わせてくるくる踊っていました。
こちらは、周りの方にここがぶつかるんじゃないかとヒヤヒヤして、
落ち着いて聞けず。じっくり聴き直したくて、
この曲の入ったおふたりのCDをアマゾンでポチっとしてしまいました。
届くのが楽しみだなあ。

2010
09/18

先週の水曜晩にぜんそく発作で入院したここ、
入院後の経過は順調で、
月曜日に仮退院、水曜に正式退院となりました。
手伝いに来てくれた私の母には
「同じ部屋でおともだちができてたのしかったー!」なんて言ってましたが、
ほんとはやっぱり夜パパもママもいない所で寝るのはイヤだったみたいです。
こちらも、身重で仕事もしつつ病院通いはなかなか疲れました。
車を使ってdoor to door15分の近さでよかった。

病院の面会時間は平日は12時~20時。
午前中は同室の子たちと一緒にビデオを見せてもらったり、
おしゃべりしたり歌ったりして過ごしていたようです。
ここが正式退院した日には6人部屋に5人のぜんそくの子がいました。
季節の変わり目はやっぱり発作がおきやすいんですね…

退院後はごはんも真面目に食べるし
家のお手伝いもすすんでやりたがるなど、妙におりこうさんになっています。
顔つきもちょっぴり締まって、何だか少しお姉さんぽくなりました。
親のいないところでひとりで何泊もする、というのは
ここにとってすごく大きな体験になったようです。


この週末は夫の実家で毎年行われる秋のお祭りを見に行くはずだったけど、
大事をとってすべてキャンセル(涙)
夫は前々から休みをとって楽しみにしていたので、仕方がないとはいえ残念そうです。
ここの体調が落ち着いて、保育園の運動会などが終わってから
改めて顔を出しに行こうと考えています。


というわけで、ご心配をおかけしました!
今のところとても順調に、元気になっています。
これからの台風シーズン、うまく発作を起こさずに乗り切れたらと思います。

2010
08/02

私たちの住む自治体は「子育てのしやすい街」として知られているらしく、
近隣の新築マンションのチラシをみると
「子育て環境充実」といったうたい文句が見られます。

実際、公園は広く、たくさんあり、手入れも行き届いている。
私立幼稚園へ通わせた場合の費用負担が充実しているらしい。
(うちは保育園なので詳しいことは知らないけれど)
産婦人科と小児科は「どこにしよう?」と選べるくらい、通いやすい範囲に何軒かある。
物価は安く、都心に近いわりに地価も控えめ。
そして出生率は東京23区内で一番高いらしい。

そして、ここを連れて外を歩いていると、話しかけられることが本当に多いです。
保育園への送り迎えや、バス停でバスを待つちょっとの間、
顔見知り/初対面を問わずオバちゃん~おばあちゃん世代に
「おはよう」「女の子はおしゃまだねえ」「プール行ってたの?」と
何かと声をかけられます。

それは今に始まったことではなくて、
ここがごく小さな時から、本当によく話しかけられました。
「あら笑ってる」「あ、この中赤ちゃんが入ってる!」(スリング使ってたから)
「ほっぺ痛そうねえ」(食物アレルギーだったので)

アトピー肌のことを言われるのは、当初はっきり言って苦痛でしたが、
それでも「最近はそういう子が多いらしいねえ」と会話のきっかけになるので
だんだん心にゆとりができると「アレルギーのこと知ってもらうチャンス!」と思って
こちらからも話を広げるようになりました。

缶ジュースをくださる方、ここが泣いていると次の日まで心配してくださる方、
「うちはあそこだから今度いらっしゃい」と言う方
(さすがに初対面の方の家に行く度胸はありませんが…)
この辺りのおばちゃんたちの『子供好き』『話し好き』はかなりのものだと日々実感します。

施設の充実も、子育て世代向け予算の多さも、保育園待機児童の少なさも
子育てしやすい街の指標になるのは確かです。
それに加えて、街の人の「おせっかい」度という、目に見えないものも、
子育てしやすい街を作っているようです。
こんな、おばちゃんのおせっかいが受け入れられる雰囲気が
これからも続くといいなあと思います。


大阪の事件の母親に対して、近所の人が、知人が、親が、公的機関が
あともう少しずつおせっかい焼きだったら、と思わずにいられません。


にほんブログ村 子育てブログへ

2010
07/28

昨日から4日間、ここは短期水泳教室に通っています。

普段から近所の温水プールに夫とよく行っているので、元々プールは大好き、
しかも保育園では「ここちゃんすごいねー」と褒められているらしく(ただし本人談)
自分は誰よりも泳ぎが上手!と思い込んでいます。

しかし、初日は、いきなり出だしからつまずきました。
たくさんの子供たち(80人くらいいる模様)+それぞれの子の親や小さい兄弟たちで
集合場所はごった返しており、しかも知ってる人は誰もいない、
そんな場所に放りこまれて怖くなったのか
ベソをかきつつどうにか前の子についていく、という状況。
ここが入ったチームは全部で9人でしたが、
この9人の中でもっと大泣きしてる子がいたのでコーチはそちらに付きっきりになり、
ここは自力で頑張るしかない感じです。

しかしいざプールに入るところっと楽しくなったようで、
後半にはすっかりニコニコ、
隣の女の子とおしゃべりするくらいの余裕を見せていました。
(ちなみに初め大泣きしていた子も、途中からは元気にレッスンを受けていました)

2日目の今日は最初からご機嫌で何の心配もなし。
プールサイドでバタ足練習の後、
ヘルパーをつけた上で、足のつかない深さのところを2~3m程泳がせる、という内容でした。
足がつかなくてもみんな結構平気なようです。

親がプールのすぐ際で見学する時間があったり、
レッスン後は親に対してコーチからの報告とアドバイスが個別にあったりと
なかなか親切だと思いました。

はじめての習い事は残りあと2日。楽しく通えるといいねー!
ここがあんまり楽しそうなので、通常コースに通わせるかどうか、母はかなり迷っています。


にほんブログ村 子育てブログへ

2010
07/19

妊娠5ヶ月に入ったので、水天宮へお参りに行ってみました。
ここの時は、母が中山寺に行ってくれたので「まあいいや~」と思って水天宮はパス。
今回も母は中山さん行ってくれましたが、
妊娠でもしない限り水天宮へ行く機会もないので、自分でもお参りしてみることに。

いい天気すぎて暑かった!
suitengu.jpg
境内には麻の葉模様の産着やおもちゃを売るお店がありましたが、
一番売れていたのはかき氷。ここはメロン味の氷をガツガツ食べてました。

戌の日はとても混雑するらしいので、あえて避けて普通の日曜日に出かけたけど
それでも混んでました!
混雑時は祈祷の申し込みをしても妊婦本人しか昇殿できないとのことで、
ここと夫には外で待っていてもらいました。
暑くて混んでると妊婦も大変ですが、
お宮参りで来ている1ヶ月くらいの赤ちゃん連れはもっと大変そうです。

昇殿してのご祈祷がどんなだったかというと、
妊婦が20人くらいずらっと並んで座り、各自の名前が書かれた札(?)が
前に掲げられて、ご祈祷の中で全員の名前が読み上げられました。
一つの空間に妊婦ばかりいるというのは、ちょっと不思議な光景です。
ご祈祷のみだと3000円。腹帯や護符をいただくと、祈祷とは別に4000円のようです。

帰りは人形町の亀井堂というお店で人形焼を買いました。
この界隈の人形焼のお店で一番有名らしい重盛は、残念ながら日祝日はお休みみたいです。
亀井堂のもおいしかったですよ!


にほんブログ村 子育てブログへ

2010
07/08

沖縄旅行シリーズ、最後はお土産のおはなし。

このところ沖縄に行く度に、
読谷村のやちむんの里で焼き物を1つずつ買うのが恒例になってます。
毎回これが楽しみで。

やちむんの里には作家グループごとに窯がいくつもあるのですが、
私のお気に入りは奥の方にある北窯
この窯は4人の作家さんが共同で使っていて、これまた共同の販売所が併設されています。
販売所に足を踏み入れると焼き物だらけ。コーヒーカップやお茶碗が多いかな?
私は料理が映えるような大皿を買うことが多いです。
今回出会った大皿はこんなの。

sara.jpg
中央の青の色が気に入ってます。
ちょっとルーシー・リーっぽいのを選んだのは、やっぱりこの展覧会のせい??
與那原正守工房の作品です。


次は同じく読谷村内の、ガラス工房日月さんに行ってみました。
(去年の沖縄旅行でも行ってみたかったんだけど、道に迷ってたどり着けなかった!)
ナビに住所を登録すると、指したところはさとうきび畑の中。
「え、この先にあるの?」というような、未舗装の道の先です。
女性のガラス作家さんが制作も販売もひとりでやっておられました。

そんなわかりにくい場所にもかかわらず、私を含めて3組のお客さんが(全員女性!)。
初対面同士だというのに、
「こっち素敵ですねー」「迷っちゃいますね」「どこから来られました?」
と盛り上がってしまいました。
こちらでは一輪挿しと小さめの器を購入。
野草をちょこん、と挿すのがかわいいかと。
glass.jpg

営業日は月~木曜日の週4日(臨時休業あり)とのことです。
制作しながら来客対応もされているので、なかなか大変そうです。

あ、これらのワレモノ買い回りツアーは、私一人で行きました。
その間、ここはお父さんとホテルのプールやビーチで遊んでおりました。


■沖縄旅行記第1弾:こどもと梅雨の沖縄へ<食べ物編>はこちらから
■沖縄旅行記第2弾:こどもと梅雨の沖縄へ<観光編>はこちらから
■沖縄旅行記第2弾:こどもと梅雨の沖縄へ<お宿編>はこちらから

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

yomecoco

Author:yomecoco
江戸川区南葛西で建築設計のお仕事をしている関西人。
6歳の娘(ここ)、1歳の息子(あっちゃん)、主人との4人暮らし。
10年以上のMacユーザー、読書好き、アート好きの
基本インドア人間です。が、
2011年5月から、産後太り防止のためにジョギングを始めました。
また、妊娠中に再開した編みもののすっかりはまって、毎日少しずつ編み編みしています。

RavelryのProjectページはこちら。

いくつになった?

Favorite

最近読んだ本

検索フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。