--
--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
01/23

妊婦さんたちの役に立つかわかりませんが、
2度目の妊娠生活を振り返ってみて、
「これがあって助かったなあ!」というものをピックアップしてみました。
1度目の妊娠と比べて、本当に自分に必要なものを冷静に判断できた気がします。

・リボ社のバランスチェア・イージー
 昔から「通販生活」に載ってる、膝を落として座る、変わった形の椅子です。
 座ったときの姿勢がおなかを圧迫しないので、
 妊娠中長時間PCに向かって図面を描く時に本当に助かりました。
 腰痛予防にもなったと思います。
 この椅子は膝置きの高さを変えればこどもも使えるので、
 ここが小学校に上がる時にも一脚買い足すのもいいかな。

・シルクの5本指靴下
 靴下のはなしは前にも書いたので詳しいことはこちらへ。
 今回足先が冷えず、むくまずに乗り切れたのはこれのおかげかな。
 12月になってからは、自分で編んだレッグウォーマーも併用しました。
 脚がむくまないどころか、脚痩せまでできたので大満足です。

・ほぼ日のはらまき
 以前から気になってたけど手を出せなかった「ほぼ日ハラマキ」
 手を出せなかった理由は、1枚3400円、という値段です。
 市販の薄手の腹巻なら500円くらいの物もあるので、
 「腹巻ごときに3000円も出せるかー?」と敬遠してましたが、
 妊娠を機に買ってみると、全くずれないのが本当に快適でした。柄もかわいいですし。
 今回、ほとんど腹帯をしなかったかわりに、
 ほぼ毎日、真夏もこのはらまきをつけてました。

無茶々園の甘夏
 ちょうど甘夏のおいしい季節につわり真っ盛りだったので、
 本当に毎日甘夏を食べていました。いちいち剥くのはめんどうだから、
 たくさん剥いて、タッパーに入れ冷蔵庫へ保管。
 スーパーで買ったり、移動販売車から買ったり、いろんな甘夏を食べたけど、
 パルシステム(生協)で買った無茶々園という愛媛の生産者グループの甘夏が
 断トツでおいしかった! 
 …というか、ここの甘夏以外は要りません!ってくらいでした。
 酸味が程よく、そしてみずみずしいんです。
 今年はつわりじゃないけど、また注文して食べるつもり。

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

2010
12/03

女性向けの某生活雑誌を読んでると
「靴下10枚履いてます」という人がいました。しかも複数人。

  え、足どうなってるの!靴は?洗濯物、毎日靴下だらけ?

…疑問がいっぱい出てきたので、まずは
「靴下 重ね履き」というキーワードでネット検索すると出るわ出るわ。

冷えとり、という一種の健康法のようです。
足を暖めると体の毒素が出るらしいです…
エステ等に書いてある「毒出し」とか「デトックス」とかって怪しい、大体その「毒」って何?
と前々から思っているので、鵜呑みにはできないぞと思いつつ、
いま妊婦だし、足元は冷やさない方がよかろう、ともう少し調べてみました。

病気を治したいために本格的に「冷えとり」する人は
靴下を10枚以上履いて、スパッツも重ねて履いて、半身浴して、靴は大きいのに買い換えて…
と随分大変なようです。
そこまでやる気はないので、とりあえず
「絹の5本指靴下の上に綿かウールの靴下を履く」というのを始めて
約2ヶ月が経ちました。結果は、

◯コットンの靴下を普通に1枚履いてるよりもなぜか足が蒸れない
◯妊娠中にもかかわらず脚のむくみは出ていない
◯全身の血行が良くなったらしく、足だけでなく手も冷えにくい
◯上半身薄着でもあまり寒くない

△絹の5本指靴下は弱いので普通のコットン靴下より破れやすい
 (「毒」が出てるから破れる、という説もネット上にあるけど…??)

靴下2枚履きなら、スニーカーやビルケンシュトック、ダンスコ等
今まで履いていたカジュアル靴はそのまま履けました。
おなかの大きい間はパンプス履かないので、
靴下の数が1枚増えても靴については問題ありません。
これからいよいよ寒くなるので、もうしばらく続けて様子を見たいと思います。

2010
12/03

今日でとうとう妊娠37週に入りました。
36週からいわゆる「臨月」というやつで、
37週以降はいつ生まれてもOKな「正産期」になります。
つまり、今日生まれても早産でも何でもない、というわけです。
赤ちゃんの推定体重も3000g近くになっています。

臨月になって、胎動も少し変わりました。
それまでは「動きまわる」という表現がぴったりでしたが、
最近では「ギューッと押してくる」感じがします。
まるで「せまいからヤダーっ!もう出たい!」と主張しているようです。

前回妊娠時との大きな違いは、足がむくまずに済んでいること。
前回はむくみのためなるべく安静に、と言われたため
臨月になってからは検診の通院以外ほとんど外に出られず、
体力が落ちてお産の時にしんどい思いをしました。

今回はというと、
夏頃は少しむくみを感じたので、すいかとキュウリのお世話になりました。
その後は塩分を控えてもいないのに順調です。
体調とお天気がよければなるべく歩くようにしています。
1度目のお産より短めの時間ですめばいいなあと願っています。

2010
09/25

以前ご報告した2人目のおなかの子、いつのまにやら7ヶ月半になってます。
ここの時は産婦人科で超音波見るたびに「おおー育ってる!」とびっくりしてましたが、
2人目以降って慣れてしまってそんなものかも。
今度は男の子の可能性大、ということで、胎動もなかなか元気です。
夜、私が寝ようとすると、
おなかの中から激しい蹴りを繰り出して安眠妨害してくれます。

ここはおなかにたくさん話しかけてくれます。
「ころ」という胎児ネームをつけて、
「ころ、おはよー!」「ころ、チューしてあげる」と
すでにお姉さん気分みたい。
生まれたらお世話したがるだろうなー。

前回妊娠時は勤め人だったのが、今は自営業なので
朝のラッシュの電車に乗らなくていいのは本当にありがたい。
職場の強すぎるクーラーに悩むこともありません。
そのかわりというわけではないけど、
「いつからいつまで産休・育休」というのもないので、
臨月まで少しずつとはいえ仕事し続けることになりそうです。
フリーランスの妊婦さん達がこのあたりどうしているのか、知りたいものです。


にほんブログ村 子育てブログへ
プロフィール

yomecoco

Author:yomecoco
江戸川区南葛西で建築設計のお仕事をしている関西人。
6歳の娘(ここ)、1歳の息子(あっちゃん)、主人との4人暮らし。
10年以上のMacユーザー、読書好き、アート好きの
基本インドア人間です。が、
2011年5月から、産後太り防止のためにジョギングを始めました。
また、妊娠中に再開した編みもののすっかりはまって、毎日少しずつ編み編みしています。

RavelryのProjectページはこちら。

いくつになった?

Favorite

最近読んだ本

検索フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。