--
--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
06/01

4月から保育園に入った息子も、もう園生活2ヶ月が経ちました。
昨日は保育参観、ということで、私は保育士さんエプロン+マスクで変装(!)して
午前中いっぱい息子の1歳児クラスを覗き見させてもらいました。
変装したにもかかわらず、息子はどうやら完全にこっちに気づいているようで、
時おり私の方を見てニヤッとしていました。が、駆け寄ってくるわけでもなく、
いつもどおりマイペースに遊んでいました。

その後、遊び足りない息子を近所の公園でさらに遊ばしていたところ、
体長13mmくらいの立派なダンゴムシを発見!
公園のベンチの上で転がしたり、手の上に乗せたり、無理矢理つまんだり
熱心に遊んでいます。しかし、
私が遠くにいる親子を見ている間に、ダンゴムシはいなくなってしまいました。
ああ、丸められて転がっちゃったんだろうなー。せっかく珍しいくらい大きかったのに。
横にいる息子は口をうれしそうにモグモグしている。

「?」

「???」

「!!!!!」

無理矢理口を開けさせたところ、
哀れダンゴムシは息子の生え始めの歯ですっかり粉砕され、原型を留めていませんでした。
でもまだ飲み込んでなかった。よかったー。

その後、おやつにクルミをあげたらすぐにペッと吐き出していたので、
息子の味覚的には
 ダンゴムシ>>>>>>くるみ
という感じなのかもしれません。ダンゴムシっておいしいの?

Wikipediaによると、ダンゴムシは甲殻類で毒もないので食べられる、
加熱するとポップコーンのようにはじける、とのこと。
このとおり→ダンゴムシ

というわけで、どうしようもなく喰うに困ったら、
公園に行ってダンゴムシを採ろうと思います。
スポンサーサイト

2011
07/01

6/28であっちゃんが生まれて6ヶ月になりました。
1ヶ月の時に風邪を一度ひいただけで、その後は健康そのもの。
毎日楽しそうです。
あっちゃんが楽しそうだと、こっちもうれしくなります。

aki6month.jpg

最近はしばらく支えなしで座っていられます。
うつぶせになって、手のひらと足の裏だけで四つん這い体勢になっていることもあります。
四つ這いになっても、前にも後ろにも動けずじーっとしているだけですが。。
相変わらず、「飛行機」は大好きです。

そろそろ離乳食始めないといけませんね…
前回どんな風に離乳食やっていたか、すっかり忘れてしまいました。
離乳食の本をもう一度読みなおしです。
ここの時は卵・牛乳・小麦・大豆アレルギーで大変だったけど、
あっちゃんは今のところ肌もきれいで、アレルギーはあまりなさそうです。

ここもそうでしたが、あっちゃんも愛想がいいようです。
電車やバス、エレベーターの中で向かい合わせになった人にニコニコして、
相手も思わずにっこりして…という、
笑顔の連鎖反応を起こしています。
それだけでも「この子を産んで本当よかったなー!」って思います。
赤ちゃんの笑顔の力はすごい!

にほんブログ村 子育てブログへ

2011
06/03

あっちゃんは4ヶ月と5日目の、5月3日に初寝返りしてから、
だんだん目を離せなくなってきました。
ずり這いはまだできないけれど、寝返りと足キックの組み合わせで
1mくらい移動していることがあります。

ベビー布団(右上の水色)から離陸した、あっちゃん飛行機。
ブーン、どこへ飛んでいくんでしょう。
akihikoki.jpg

たれ目とくるりんまつ毛、ぽっちゃりほっぺたのせいで、
「女の子?」と聞かれることが多いです。
ここのお下がりを着せがちなのも影響してるとは思いますが。
基本的に穏やかな顔つきの、おっとりタイプのようです。

よだれはまだ少ないので、離乳食は6ヶ月すぎてから始めるつもりです。
早い梅雨入りのせいで、おむつを乾かすのが一苦労です。

にほんブログ村 子育てブログへ

2011
03/22

3/20の日曜日に、あっちゃんのお宮参りをしました。

omiya.jpg

男の子は生後31日か32日でお参りするそうですが、
「一年で一番寒い時期なのでパス、3月に入ってからでいいや!」
と先延ばししていたら此度の地震発生…
夫のご両親(from愛知県)に来てもらうのは中止し、
一家4人でのささやかなお祝いとなりました。

写真屋さんへ行った後、地下鉄で門前仲町の富岡八幡宮へ。
出産後、初めて電車に乗りました。
節電のためエスカレーターは全部ストップ、
駅の構内も不要な電気は消されて薄暗く、外国の駅のよう。

神社は人はまばらでしたが、わが家以外にも2,3組のお宮参りの家族が来ていました。
家族揃ってお参りできる、当たり前みたいなことだけど、本当に幸せなことです。
神社近くのお店でまぐろ丼やかれいの唐揚げ、アナゴの天ぷらを食べて、
おなかも幸せです^^

あっちゃんは、写真屋ではちゃんとニコニコしてくれた上、
電車移動→神社→食事では抱っこで寝っぱなし。親孝行な子です。
ここは、自分が主役じゃないので、ちょっとだけ不機嫌でした。。。

2011
03/01

昨日(2/28)であっちゃん2ヶ月になりました。
まだ2ヶ月なんだなあ、もっと前から4人家族のような気がします。
(おなかの中を含めればもう1年近く4人家族ですね)

ここねえちゃんとも仲良し♪
cocoaki.jpg

体重は服とおむつ込みで5.8kg。片手でしばらく抱いてると腕がしびれます…
表情が豊かになりました。ウ◯チの後は「ふぅー」と満足そうだし、
おかあさんを見つけるとニコっとしてくれます。
うーん、男の子、かわいいかも!

また、お風呂のあと、おむつ替えのあと等、機嫌のいい時には
うれしそうな顔をして「アーイ!」と『宇宙語』をしゃべっています。
昨日の夕方もこことあっちゃんと2人で何か一生懸命会話をしていました。

ここが2ヶ月の頃は、泣き声以外の声はこんなに出してなかったけどなあ。
そんなここですら、今では「ちょっと黙っててほしい…」
と思うくらいのおしゃべりになったので、
あっちゃんは将来ものすごいしゃべり男になるんだろうか。。こわいなあ。

にほんブログ村 子育てブログへ

2011
01/29

写真
昨日1/28で、息子くん(あっちゃん)が生後1ヶ月になりました。

生まれた病院で1ヶ月検診がありました。
同じ週に生まれた子たちが集合しています。
生まれたてのあかちゃんって、見てるだけでほんわか幸せな気分になります♪
みんな温かそうなおくるみに包まれて、寝たり泣いたり。かわいいねえ。

そして、この1ヶ月で、体重は約1キロ、身長は5cm伸びていました。
1ヶ月で5cmって…さすが新生児。

あっちゃんはこの月齢にしては首がしっかりしています。
(もちろんまだ首は座ってはいませんが)
あまりグラングランしません。なのでかなり抱っこしやすいです。

そして、この月齢で、早くも最初のカゼをひいてしまいました。
先週からここが鼻風邪ひいてたから、それをもらったんだろうな。。
ここはあっちゃんのお世話をしたくて仕方ないので、「近寄るな」と言ってもムリだし。
小児科の先生曰く「飲めて、眠れてたら大丈夫よー」とのことなので
それほど心配はしていません。

私のほうも、産後の経過は順調とのことでした。
「やっとシャワーだけじゃなく湯船に入れる♪」とツイッターやfacebookで書いてたら
「産後、湯船に入れないなんて知らなかった!」と何人もの方から反応をいただきました。
私も、ここを産んだ時までそんなこと知らなかったです。
細菌感染を防ぐため、とかお湯で温まりすぎると出血が増える、といった理由だそうです。
ちなみに、シャワーは産後2、3日でOKです!(個人差はあると思いますが)

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村

2011
01/03

予定日12/24のおなかのあかちゃん、「予定通り生まれたらクリスマスだねー」
と楽しみにしていましたが、
24日になっても陣痛は始まらず、夫とここと3人で、例年通りのクリスマスごはんを食べ
その日は平穏に過ぎました。

その次の日も、次の日も陣痛はなし。
27日は妊婦検診。
「3600gくらいあるかもしれないねー。大きいですね」
「1/4までお産が始まらなかったら、4日の朝すぐに病院に来てください」
と言われて一旦帰宅し、いつもどおりに夕ごはんを食べて
テレビでフィギュアスケートなど見ていたら、
来た来た。痛みがだんだん規則的になってきた。
夜の7時半頃から少しずつ痛みが始まり、
10時前に確かに規則的、かつ間隔も短くなってきたので
夫とここが病院まで連れていってくれました。
(タクシーで行く予定が、忘年会シーズンの夜で全然つかまらなかった!)

夜遅いので私ひとりで入院。この日はお産が重なり、
この夜3人目のお産だったようです。
子宮口が開くまでの間、分娩室では私より数時間前に来た妊婦さんのお産が無事に終了。
その人のおかげで自分のお産の流れも何となくシミュレーションできて
ここの時よりはるかに落ち着いて挑むことができました。
とはいえ、やっぱりしんどい!!陣痛が来ていない間は軽く寝入ってしまうのですが、
痛みが来たらもう何とも言えずしんどい。
何度も吐いてしまったし、
無意識のうちに頭や顔を引っかいていたようで、
お産が終わって鏡を見たら、顔にひっかき傷がありました。

28日の朝4:48、無事に誕生しました。
3526gと、やっぱり大きめあかちゃんです。
助産師さんたちの経験と知恵の助けがなかったら、
朝になってもまだ分娩台の上で苦しんでいたと思います。
前回はお産が長引いた上、陣痛が弱くなってしまい、吸引分娩になりました。
今回も陣痛が弱くなりかけたので、そこで助産師さんたちに励まされて
何とか自力で産めたのがうれしい。

年越しは病院で過ごすことになり、元旦の朝、母子ともに無事に退院しました。
忘れられない一年の始まりになりそうです。

にほんブログ村 子育てブログへ
プロフィール

yomecoco

Author:yomecoco
江戸川区南葛西で建築設計のお仕事をしている関西人。
6歳の娘(ここ)、1歳の息子(あっちゃん)、主人との4人暮らし。
10年以上のMacユーザー、読書好き、アート好きの
基本インドア人間です。が、
2011年5月から、産後太り防止のためにジョギングを始めました。
また、妊娠中に再開した編みもののすっかりはまって、毎日少しずつ編み編みしています。

RavelryのProjectページはこちら。

いくつになった?

Favorite

最近読んだ本

検索フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。