--
--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
05/24

京都・相国寺承天閣美術館で6/3まで開催中の
「若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」を見に行ってきました。

Jakuchu4

8:03の東京発のぞみで一路京都へgo!

「平日ならまあまあマシだろなー」という甘い期待は、
相国寺前に続々とやってくる歩きの人+タクシーを見た瞬間、がらがらと崩れました。
チケットを買うのに並び、第1展示室に入る手前で待ち、
もちろん第2展示室前でも入場制限。
晴れの日に行かれる方、日傘は預ける手間がかかるので、
(順路の途中に傘置き場があります)
たためる帽子持参がおすすめ。お寺の中は結構照り返しがキツイです。

一応解説…
江戸時代の京都の画家、伊藤若冲が相国寺に納めた釈迦三尊像3幅と動植綵絵30幅。
明治に入ってからの廃仏毀釈の折りに、寺は動植綵絵全てを
国に献上することで、なんとか力を維持することができましたが、
本来一緒に飾られるものとして描かれた釈迦三尊像3幅と動植綵絵は、
それ以来京都と東京とに分かれてしまいました。
今回は動植綵絵が一時的に里帰りすることにより、約120年ぶりに33幅が一堂に会することとなりました。
展覧会公式ページはこちら

この全33幅が飾られた第2展示室に1歩足を踏み入れた瞬間、
空気がふわっと変わりました。
宗教的な荘厳さ、でも近寄りがたさというよりは
すべての生き物を受け入れる優しさに満ちた雰囲気を感じました。
2000年の若冲展や、去年の三の丸尚蔵館で動植綵絵を見たときは「濃い!」と思ったけど、
こう並ぶとなぜか濃さを感じません。

「はぁ~やっぱりこの絵たちはこうあるべきものなのね…」と思いました。
動植綵絵の里帰り、毎年やってくれんかなあ。

ひとつだけ、気になったことが。
部屋の入り口から全体を見たときに、
釈迦三尊像の両脇にある柱が、孔雀と鳳凰を隠してしまうんです。
これって構造的にどうしても必要だったの?なくてもいける気がするんだけどな…

相国寺を出た後は、同志社の学食でご飯食べて、
久しぶりに三条通をぶらぶら歩いてイノダコーヒーで休憩して帰ってきました。
(神戸だと栄町とか、「古いビルにちいさい店が入ってるところ」好きなもので。)
体はさすがに疲れたけど、いいリフレッシュになりました。

7/7からは、四国はこんぴらさんの若冲や応挙の作品が東京芸大にやってきます。こちらも必見です。
「金刀比羅宮 書院の美」展

スポンサーサイト
プロフィール

yomecoco

Author:yomecoco
江戸川区南葛西で建築設計のお仕事をしている関西人。
6歳の娘(ここ)、1歳の息子(あっちゃん)、主人との4人暮らし。
10年以上のMacユーザー、読書好き、アート好きの
基本インドア人間です。が、
2011年5月から、産後太り防止のためにジョギングを始めました。
また、妊娠中に再開した編みもののすっかりはまって、毎日少しずつ編み編みしています。

RavelryのProjectページはこちら。

いくつになった?

Favorite

最近読んだ本

検索フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。