--
--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
11/30

出光美術館で12/20まで開催中の
「ユートピア 描かれし夢と楽園」展に行きました。

Ccf20091130_00000

東京の出光美術館に行くのはまだ2回目です。(1度目はこちら
でも展示の質の高さにすっかりファンになりました。
キャプションもいいんです。
絵画作品のなかに書かれた言葉(漢詩とか、和歌とか)を書き出して、
読みやすいように示してくれているんですが、現代語訳までは書かれていない。
そのあたりの、丁寧すぎない塩梅がちょうどよくて、好きです。

展示は蝶になった夢でも見られそうな、美しい青磁の枕から始まります。
気持ちよさそうに眠る布袋さん。酔っぱらった陶淵明。
池大雅の洒脱な寿老人の隣には、応挙の福禄寿、これがとってもかわいい!
長すぎる頭で、ちょこんと座って、こちらを向いてニッコリ。
見る側も思わず頬がほころぶような笑顔です。

仙の「百寿老画賛」には、120人の100歳おじいちゃんが脱力系ゆるゆるタッチで描かれています。
おじいちゃんたち、思い思いの格好でおしゃべりしたり、踊ったり、寝たりと本当に楽しそう。
こんなの見たら、私も思いっきり長生きしたくなりました。

仙の死を書いた涅槃図もありました。これもしんみりとした雰囲気ゼロの、ほんわか系。
死を嘆きに集まっているのは人間だけでなく、仙愛用の日用品たちもぞろぞろと!
若冲の大根の涅槃図もおもしろいけど、これはさらに楽しい。

明日から一部展示替えがあります。もう一度行きたくなる展覧会です。

Ccf20091130_00001

にほんブログ村 美術ブログへ

 

スポンサーサイト
プロフィール

yomecoco

Author:yomecoco
江戸川区南葛西で建築設計のお仕事をしている関西人。
6歳の娘(ここ)、1歳の息子(あっちゃん)、主人との4人暮らし。
10年以上のMacユーザー、読書好き、アート好きの
基本インドア人間です。が、
2011年5月から、産後太り防止のためにジョギングを始めました。
また、妊娠中に再開した編みもののすっかりはまって、毎日少しずつ編み編みしています。

RavelryのProjectページはこちら。

いくつになった?

Favorite

最近読んだ本

検索フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。