--
--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
10/25

jyoshiyomi.jpg

女子読み「水滸伝」(秋山久生)

面白い :☆☆☆☆☆
感動した:☆☆☆
役に立つ:☆☆☆☆
薦めたい:☆☆☆☆☆

今年の初めにすっかりハマった「北方水滸伝」、これは本来の「水滸伝」を下敷きに、
話の筋も、キャラクター設定も相当手を加えたもの。
そうなると元の話も知りたくなるというのが自然な流れかと思います。

だけど「水滸伝」を1冊でサクっと把握できるような、
手に取りやすい本って見当たらないんですよね。三国志ほどメジャーじゃないし。
結局私は 水滸伝(岩波少年文庫) と 水滸伝の世界 (高島俊男)
を読んで、なんとなくわかった気になっている、という状態だったのですが、
こんなにわかファン向けに、丁度いい本が出ました。

1章は、物語のあらすじ
2章は、108人の好漢+重要人物の紹介(全員にイラストつき!)
3章は、「水滸伝」の成立過程や背景

全編通して女性2人のガールズトーク、つまり会話形式で読みやすいうえに、
入門書としてはかなり詳細なところまで踏み込んでいると思います。

特に楽しいのは2章でしょうか。
登場人物を「イケメン」やら「中間管理職」やら「空気」(…)に
容赦なく分類して、「あなたの好みのタイプは誰?」とチャート診断までついています。
1章のあらすじで紹介しきれなかった各個人のエピソードも、ここで補完しています。

「女子読み」とタイトルにありますが男子もどうぞ。
男性なら、自分がどの登場人物に近いか考えてみるのも面白いかもしれません。


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト
プロフィール

yomecoco

Author:yomecoco
江戸川区南葛西で建築設計のお仕事をしている関西人。
6歳の娘(ここ)、1歳の息子(あっちゃん)、主人との4人暮らし。
10年以上のMacユーザー、読書好き、アート好きの
基本インドア人間です。が、
2011年5月から、産後太り防止のためにジョギングを始めました。
また、妊娠中に再開した編みもののすっかりはまって、毎日少しずつ編み編みしています。

RavelryのProjectページはこちら。

いくつになった?

Favorite

最近読んだ本

検索フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。