--
--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
08/22

1週間、神戸の実家に帰省していました。その間に、
神戸ファッション美術館で9/27まで開催の
「インディゴ物語 藍が奏でる青い世界」を見てきました。

aiao.jpg

長年神戸に住んでいたのに、この美術館に足を運ぶのはこれが初めて。
六甲アイランドって、神戸人にとって「用がなければ行かない場所」なんだもの…
車なら簡単だけど、電車だと六甲ライナーに乗り換えなきゃならないし。
しかし、ブログ&FB友人のみつやんさんが「ぜひぜひ!」と薦めてくださり、
実家の車も借りたので行ってみました。

最初の展示室の、
中国・苗族の衣服コレクション、藍染のれんで作られた空間、デザインジーンズコレクションで
すでにうっとりさせられます。
特に苗族の衣装は、刺繍が丁寧で色も美しく、
「中国奥地に行ってみたい熱」が再燃しそうです。

世界の民族の、藍染め布は目にも涼やかで、真夏の展覧会にはぴったり。
ここはやっぱり17世紀以降のヨーロッパの
「本物のお姫様ドレス」に釘付けでした。
スカートを膨らませるための骨組や、「特盛り!」なヘアスタイルに驚いていました。

民俗学的資料から、ごく最近のデザイナーによるドレスまで、素敵な衣類が満載で
ここと2人で「これがかわいい」「あれが好き」と
大いに盛り上がりました。
(その間夫はというと、熟睡中のあっちゃんを抱っこして、
染料の違いによる色の比較のコーナーを熱心に見ていました。理系だなあ。)

美術館の上階には、ファッションに関する資料を集めたライブラリーがあり、
お盆中だというのに熱心に資料を調べる来館者で賑わっていました。
子連れだとお騒がせしてしまいそうなので、今回はほとんど見られませんでしたが、
必ず再訪したいと思います。

ファッションに興味のある人だけでなく、
歴史好き、手仕事好き、みんぱく好きなら確実に楽しめる美術館だと思います。
ちょっと不便な場所だけど、ぜひ一度行ってみてください。

オムツ換えシート等、赤ちゃん用設備は隣接する商業施設のものが利用できます。

にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト
プロフィール

yomecoco

Author:yomecoco
江戸川区南葛西で建築設計のお仕事をしている関西人。
6歳の娘(ここ)、1歳の息子(あっちゃん)、主人との4人暮らし。
10年以上のMacユーザー、読書好き、アート好きの
基本インドア人間です。が、
2011年5月から、産後太り防止のためにジョギングを始めました。
また、妊娠中に再開した編みもののすっかりはまって、毎日少しずつ編み編みしています。

RavelryのProjectページはこちら。

いくつになった?

Favorite

最近読んだ本

検索フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。