--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
05/15

第4回宮城谷昌光ファンオフ会

読書<歴史もの>

先週の土曜に、宮城谷昌光ファンのオフ会(女性限定)に行ってきました。
通算4回目、私が参加するのは3回目になります。
今回は初参加の方も多く、毎回盛況でうれしい限りです。

1次会は「書中の回廊」と称して神保町古書店クルージングだったのですが、
私は残念ながら今回、2次会からの合流でした。
渋谷の「豪椀」というお店が会場で、
車海老の踊り食いや、その場で炙るしめさばなど、とっても美味しかったです。
随分サービスしてくださったんじゃないでしょうか、ごちそうさまでした!


今回初の試みとして、「ブクブク交換」をやりました。
ブクブク交換とは、
  参加者がお勧め本を各自持参 → その本を熱く紹介! → 気になった本を交換し持ち帰る というもの。
今回は「宮城谷本以外で」ということで、見事にジャンルばらばらなのが面白かったです。
私が持参したのは宮本常一さんの「女の民俗誌 」で、
交換で村上春樹編訳の短編集「バースデイ・ストーリーズ」をゲットしました。


また、宮城谷作品を映像化するとしたら、
この人はこの役者に演じてほしい!orこの監督に撮ってほしい!という空想(妄想?)話も盛り上がりました。
映像化希望として一番人気だったのは「晏子」かな?
ただ、主人公の晏嬰は「身長140cm台」だったそうで、誰に演じてもらうかが難しい。
私は伊藤淳史を推しましたが、彼でも160cmはありますよね…
一方同時代人の孔子は「背は2m以上」と言われています。
この時代の身長の記録はどこまで信用していいのやらよくわかりません^^;


さらに、以前からTwitterでお世話になっている00323zさんに、
この日初対面であるにもかかわらずイラストのプレゼントを頂いてしまいました♪
hakukei2.jpg

「白圭」というのは中国戦国時代の大商人として史書にも名前の残る人なのですが、
宮城谷『孟嘗君』では孟嘗君の養父であり、前半の主人公、というか
この小説で一番いい男です。
このイラスト、なんと会の最中に描き上がりました。すごい…


次回は東京国立博物館で夏に開催される「誕生!中国文明」展をみんなで見に行きましょう!
ということで、この日の2次会はお開きとなりました。


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:本に関すること

ジャンル:本・雑誌

05/15 23:31:19

CM

晏子役には、小池徹平

「晏子」の映像化、是非観てみたいものです。
晏子役には、小池徹平を推します。
理由は、医龍での演技を観て、彼ならという感じです。
伊藤淳史、ナイナイの岡本という線もありますが、
晏子は美童ということですので・・・
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://yomecoco.blog28.fc2.com/tb.php/612-af70c1d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yomecoco

Author:yomecoco
江戸川区南葛西で建築設計のお仕事をしている関西人。
6歳の娘(ここ)、1歳の息子(あっちゃん)、主人との4人暮らし。
10年以上のMacユーザー、読書好き、アート好きの
基本インドア人間です。が、
2011年5月から、産後太り防止のためにジョギングを始めました。
また、妊娠中に再開した編みもののすっかりはまって、毎日少しずつ編み編みしています。

RavelryのProjectページはこちら。

いくつになった?

Favorite

最近読んだ本

検索フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。