--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
06/26

こどもと梅雨の沖縄へ<観光編>

こそだて<4~5歳>

2日目は子連れ沖縄観光の大定番・美ら海水族館へ行きました。

大人になってから何度も沖縄を訪れているのに、水族館へは今回初めてです。
小学生の時に(この頃はまだ「美ら海」という名前ではなくてただの「海洋博公園」でした)
一度ここでマンタを見た記憶があります。その時も十分に大きな水槽だったはずですが…

ジンベイザメやマンタの大水槽はやっぱりすごかった!!
海の中に入って魚を見ているようなアクアルームで、ここと随分長く座って魚を眺めていました。
わざわざここまで来る価値、あり。これは来てよかった。
ここは、館内で同い年くらいの女の子と意気投合して、
(その子もたまたま名前が「ここ」ちゃんだったらしい)
一緒に「これみてみてー」「こっち来て!」とはしゃいでました。

タコも光に透かすとなかなかきれいなもんです。
tako.jpg

アメリカ人の家族連れや中国人観光客も多く、平日とは思えないくらい賑やか。
屋外ではイルカショーを見ましたが、
屋根はあれどもそれがほとんど意味をなさないほどの強風とスコールに見舞われて
ブルブル震えながらイルカの跳ねるのを見物。でもここはかなり楽しかったみたい。


4日目には、県南部の南城市にある斎場御嶽(せーふぁうたき)へ。
ここは琉球王朝の聖地で、王族の女性が神官として祈りを捧げた場所だそうです。
本来は男子禁制の場で、
琉球国王ですら着物を女性のように着替え直さなければ入れなかったとか。
今は世界遺産にも指定されています。

雨上がりのむせかえるような湿気の中、石で舗装されているとはいえ険しい山道を行きます。
石が濡れて滑りそうで、妊婦的には結構キツイ道です。
これから行く方は、歩きやすい靴でどうぞ。パンプスでは辛いです。
ただ、この湿気がかえって南国の聖地の雰囲気を高めてくれたかもしれません。
霊感の類が全くない私ですが、何となく「特別な場所」というのを感じました。

大岩が作った三角形の空間。
utaki.jpg
この先を抜けると…
遠くに久高島が見えます。
琉球を作った神が降り立った島、と伝えられているそうです。
kudaka.jpg
久高島を望むこの三角の空間の一番奥からは、勾玉や古い中国の貨幣が出てきたとか。

ここは石で滑って足がどろんこになり、途中半ベソをかいていたので
「神様がここが転んでもがんばれるような強い子かどうか試したんじゃないの?」
と言うと、がんばって最後まで歩いてくれました。で、
「ここはがんばったから、きっと神様へのお願いがかなう!」と喜んでいました。
ちなみに、ここのお願いは「プリキュアになりたい」です。


■沖縄旅行記第1弾:こどもと梅雨の沖縄へ<食べ物編>はこちらから!

にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーサイト

テーマ:女の子育児

ジャンル:育児

06/26 11:02:23

CM

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://yomecoco.blog28.fc2.com/tb.php/619-8413fe92

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yomecoco

Author:yomecoco
江戸川区南葛西で建築設計のお仕事をしている関西人。
6歳の娘(ここ)、1歳の息子(あっちゃん)、主人との4人暮らし。
10年以上のMacユーザー、読書好き、アート好きの
基本インドア人間です。が、
2011年5月から、産後太り防止のためにジョギングを始めました。
また、妊娠中に再開した編みもののすっかりはまって、毎日少しずつ編み編みしています。

RavelryのProjectページはこちら。

いくつになった?

Favorite

最近読んだ本

検索フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。