--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
07/14

「誕生!中国文明」展

アート鑑賞

東京国立博物館で9/5まで開催中の
「誕生!中国文明」展を見てきました。

chinaomote.jpg

古代から北宋時代までの、河南省で発掘された文物を紹介するこの展覧会。
「河南省ってどこ」かというと、
夏や商(殷)の都が置かれた地域です。
海岸側から少し内に入った、いわゆる「中原」といわれたあたり。

このページの上から2つ目の「方斝(ほうか)」は
商(殷)の王、武丁の妃の、婦好のお墓から発掘された、酒を温める青銅器。
婦好は自ら兵を率いて戦に挑んだ、と言われています。
甲骨文が発掘されているのは、この武丁・婦好の時代以降なので、
武丁は「文字を作った王」とされているようです。
このあたりのことは宮城谷さんが「沈黙の王」で小説化されています。
武丁のお墓も見つからないかなあ。

「鼎の軽重を問う」の「鼎」もたくさんありました。
kanae.jpg
生贄の肉などを煮る青銅製の祭器です。
これで時には人肉も煮たんかな…といらんことを考えてしまいます。。

特に目をひくものの1つが前漢時代の「金縷玉衣」。
gyokui.jpg
玉(翡翠等の宝石)魔除けや防腐作用があると考えられていたので、
遺体を玉で包んだり、遺体の鼻、口、耳に玉で栓したりしたそうです。
口に含ませる玉はセミの形をしています。
セミは地中に長くいた後地上に出てくるので、死者の復活を願う、という意味があるそうです。

2500年くらい前のカモ。かわいい~
guagua.jpg
なぜか内股。

会場の最後のほうには司馬光の筆による碑文がありました(ここの下から2つ目)
書き手の性格まで伝わってくるような、力強い文字です。
北宋時代の字が、1000年近く後の他国人の私にも読めるなんて
(文章の意味はわかんないけど)
あらためて漢字すばらしい!大切にしないと!と思いました。
 
夏休みに向けてでしょうか、混雑してもなるべく見やすいように、
展示ケースの間は比較的ゆったりスペースが取られています。
また、ケースの上には展示品の写真が掲示され、キャプションもやや上の方につけるなど
工夫が見られました。
こども用のワークシートも用意されているようです。
(子連れでないともらえないそうで、現物は見ていないのですが…)


この展覧会、グッズコーナーが充実しています。というか、中国物産展状態です。
「玉璧」といえばかつては領土と交換するくらいに価値のある宝物だったはずなのに、
それがン万円とはいえお手軽に買えちゃうとは…いやはや。

chinaura.jpg

さて、「中国文明」展のほうには甲骨が一つしかありませんでした。
「もっと甲骨文見たい!」と表慶館にも足を運びました。
しかし…展示替えでいま甲骨文の展示がないわ。。
そのかわり春秋戦国時代の武器や、漢代の俑(お墓に埋めた人形)が出てました。
2012年に東洋館再オープンすれば、これらが一度に見られるはず。待ち遠しいです。

本館では酒井抱一の「夏秋草図屏風」が出ています(~8/8)。
北斎の「諸國瀧廻リ」も出てました(~7/25)。これらもお見逃しなく!


にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。

ジャンル:学問・文化・芸術

07/14 09:15:16

CM

よめこさん、こんにちは。

わーん、中国文明展~!行きたーい(泣)。

平日に行かれたんですか?ゆっくり鑑賞できそうで良いですね。

カモが可愛い・・・何故に内股??(微笑ましい)
玉璧も売ってるんですか!家宝に欲しいかも♪

しーさん→
平日の午後、時間が空いたので行ってきました!
始まったばかりなので、まだそう混雑してませんでしたよ。
カモは、実物のほうがもっと愛嬌ある顔してます。
この展覧会、確か関西にも巡回するんじゃないかなあ。

もう行ってこられたんですね!
いいな~
宮女会、きっとまたきゃあきゃあ言って怒られるんだろうなあ(笑)

てんさん→
きゃあきゃあ、絶対言っちゃうとおもう^^
日曜美術館でもまだ紹介してないし、ギリギリ夏休み前で
まだそう混雑しないと思いますよ!

よめこさんこんばんは。玉衣は少しびっくりしましたよね。どのくらいの重さがあるのかなとも思いました。

>中国物産展状態

あれはハマります…。まさか平成館一階にまで出店があるとは思いませんでした。

今のところさほど混雑していないようですね。
2012年の表慶館オープンも待ち遠しいです!

はろるどさん→
玉衣は重いでしょうね。遺体に着せた状態で運ぶのは大変そうです。そういえば発見されたとき遺体はどうなってたんでしょう??

平成館一階のショップにひとつ30万円ほどのトンボ玉がさりげなく置かれていて、見ているだけでドキドキしました。
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://yomecoco.blog28.fc2.com/tb.php/623-8da3bc3d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京国立博物館(台東区上野公園13-9) 「誕生!中国文明」 7/6-9/5 東京国立博物館で開催中の「誕生!中国文明」へ行ってきました。 漠然と「中国文明」とあっても展示の具体的なイメージがなかなかわきませんが、今回紹介されているのは、最近発掘調査が進む、黄河...
東京国立博物館、平成館にて開催中の 特別展「誕生!中国文明」に行って来ました。 特別展「誕生!中国文明」公式サイト 隣国とはいえ文化の違いにかなり開きのある中国。数年前に開催された「中国国宝展」の際もそうでしたが、目の前にある文物がはるか紀元前か...
プロフィール

yomecoco

Author:yomecoco
江戸川区南葛西で建築設計のお仕事をしている関西人。
6歳の娘(ここ)、1歳の息子(あっちゃん)、主人との4人暮らし。
10年以上のMacユーザー、読書好き、アート好きの
基本インドア人間です。が、
2011年5月から、産後太り防止のためにジョギングを始めました。
また、妊娠中に再開した編みもののすっかりはまって、毎日少しずつ編み編みしています。

RavelryのProjectページはこちら。

いくつになった?

Favorite

最近読んだ本

検索フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。