--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
08/11

呉越春秋 湖底の城

読書<歴史もの>

kotei.jpg

呉越春秋 湖底の城(宮城谷昌光)

面白い :☆☆☆☆☆
感動した:☆☆☆
役に立つ:☆☆☆
薦めたい:☆☆☆☆☆

作者ひさしぶりの春秋時代ものです。春秋時代好きなのでうれしい!
氏の春秋ものはたくさんあれど、
南方の楚・呉・越が長編の舞台になるのは初めてだと思います。

この1巻での主人公は伍子胥
のちに呉に渡り、楚の敵になるはずなのですが、
この1巻では祖国の楚で、重臣の次男坊として自由にふるまい、
商人や武芸者など、様々な人との出会いを重ねていきます。

そんな中、「孫子」で有名な孫武がちらっと登場します。
戦争にまだまだ呪術的な面が色濃い春秋時代に、
しかも他の国以上に占いを重視する楚人の伍子胥に対して、
いきなり「兵法」を説く孫武。
伍子胥に強烈な印象を残して去っていきます。

会話、それも平易なことばでの会話が主体で物語が進むので、
宮城谷さんの本の中でもかなり読みやすい部類に入るのではないでしょうか。
「小説現代」で今も連載中だそうです。
今後がとっても楽しみです。


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:歴史全般

ジャンル:本・雑誌

08/11 18:24:50

CM

はじめまして

はじめまして、失礼にも書き込みをしてしまいました。HN カワチのおかん と言います。

もちろん河内出身で現在埼玉県在住、修行中のファイナンシャルプランナーで4人の子持ちの母です。

宮城谷先生の作品にドップリハマってまだ1.5年ですが、とりあえず中国史は読破しました。

今日はたまたま調べ物をして息抜きのついでに「宮城谷 湖底」で検索いていたらヒットしてお邪魔しております。

ブログを拝見し、本当に楽しく読ませていただきました。

宮城谷ファンの女子会があるというお話も興味津々でした。
もし、お返事いただけたらうれしいです。

よろしくお願いします。


カワチのおかんさま→
はじめまして、私も宮城谷作品読み始めて約1.5年です。同じくらいですね。
(でもまだ中国物も読破できてないのですが…)
しかも4人のお子さん有りの働くママとは、WMとしても大先輩ですね!

宮城谷ファンの女子会は不定期で数カ月に1度ほど、
これまで新宿や上野などで行なわれました。
もしmixiに入っておられるのでしたら、
「宮城谷昌光」コミュニティをご覧いただければ
過去の会の様子がわかると思います。
今のところ次回開催は未定ですが、
次の開催がわかればメールさせていただきますね!

お礼

こんにちは、カワチのおかんです。
ブックマークして無くてたどり着くのに時間がかかってしまいました。m(_ _)m

そしていろいろ情報ありがとうございました。
ミクシーには主人が私を誘って登録してくれたので見ることが出来ます。

早速お邪魔してみたいと思います。

いろいろ情報ありがとうございました。

またお邪魔しますのでよろしくお願いします。(^0^)/~

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://yomecoco.blog28.fc2.com/tb.php/632-6d142001

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yomecoco

Author:yomecoco
江戸川区南葛西で建築設計のお仕事をしている関西人。
6歳の娘(ここ)、1歳の息子(あっちゃん)、主人との4人暮らし。
10年以上のMacユーザー、読書好き、アート好きの
基本インドア人間です。が、
2011年5月から、産後太り防止のためにジョギングを始めました。
また、妊娠中に再開した編みもののすっかりはまって、毎日少しずつ編み編みしています。

RavelryのProjectページはこちら。

いくつになった?

Favorite

最近読んだ本

検索フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。